アシアルnote

テクノロジーの未来を創造し、人と社会の「デジタルでできること」を拡大し続けたいと考えて…

アシアルnote

テクノロジーの未来を創造し、人と社会の「デジタルでできること」を拡大し続けたいと考えている、アシアル株式会社の公式noteです。日々の企業活動や思いなど、アシアルらしさを感じられる情報をご紹介していきます! アシアル公式サイト⇒ https://asial.co.jp/

マガジン

  • アシアルの取り組み

    社内制度のご紹介と改善やお試しでやってみたことのご紹介。

  • アシアルのカルチャー

    アシアルの日常からアシアルが考えていることまで。

  • アシアルな人たち

    アシアルで働くメンバーのご紹介。

  • お仕事の話

    お仕事の事例やノウハウのご紹介。

  • よもやま話

    アシアルメンバーの雑談やtipsのご紹介。

最近の記事

スペインとポルトガルからのインターン生

こんにちは、アシアル広報チームです。 アシアルがグローバルな人材と出会うために実施している取り組み、ヴルカヌス・イン・ジャパンで現在インターンシップ中のホアン(スペイン)とアルバロ(ポルトガル)をご紹介したいと思います。 ヴルカヌス・イン・ジャパンとは? ヴルカヌス・イン・ジャパンはEU加盟国籍の学生を対象とした日本における企業研修です。実施期間は毎年9月から翌年8月末迄で、4ヶ月間の語学研修と8ヶ月間の企業インターンシップから成り立っています。アシアルとヴルカヌス・イン

    • 自社プロダクトの発展につながるOSSコントリビューション

      こんにちは。Monacaのプロダクトマネージャーの渡辺です。 私たちが自社プロダクトとして提供しているMonacaでは、「誰でも簡単にアプリ開発を」というミッションをかかげ、Web技術を活用したモバイルアプリ開発プラットフォームを提供しています。 Monacaサービス立ち上げ当初は、独自のSDK(ソフトウェア開発キット)を開発し、モバイルアプリを開発できるサービスを提供していました。しかし、サービスを発展させていく中で、オープンソース (以降、OSSと表記) の活用が有効

      • 全国商業高校Webアプリコンテストのロゴを制作した話

        こんにちは、UI/UXデザイナーの出口です。 アシアルにはアシアル情報教育研究所チームがあり、教育機関におけるプログラミング教育を中心とする情報教育関連の教育サービスを提供しています。その中で2023年の12月に、商業高校生を対象としたWebアプリコンテスト「全国商業高校Webアプリコンテスト」の第1回目を開催しました。 第1回目にもかかわらず、35校から175作品の応募をいただきました。 参加された皆様お疲れさまでした! 受賞された皆様おめでとうございます!! 私は、

        • エンジニアが考える生成AIとの付き合い方

          こんにちは。アシアル広報チームです。 今回は、社内のエンジニアに生成AIの活用を推進してくれている又川と、自社プロダクトMonacaのプロダクトマネージャーの渡辺が、生成AIとエンジニアの付き合い方について、自身の経験と考えを語ってくれましたのでご紹介いたします。 有能な生成AIは使い方が鍵 日頃の業務で生成AIをどのように活用していますか? 又川 私はChatGPTとGitHub Copilotを使っています。ChatGPTは、特定の文脈によらない、ざっくばらんな質

        スペインとポルトガルからのインターン生

        マガジン

        • アシアルの取り組み
          15本
        • アシアルのカルチャー
          37本
        • アシアルな人たち
          18本
        • お仕事の話
          11本
        • よもやま話
          10本

        記事

          Asial Bowling Day

          こんにちは、バックオフィスチームの高橋です。 今回は、後楽園で開催した社内交流イベントの様子をフォトレポートでご紹介したいと思います。 1日まるっと楽しむイベントを開催アシアルは現在フルリモート体制を採用しており、コミュニケーションを深める機会として3ヶ月に1度、全社員が集まる1dayオフィスを開催しています。1dayオフィスはどちらかというと業務中心の交流に重きを置いたイベントになるので、「より気軽に楽しんでもらいたい・日頃の疲れを癒してもらいたい」という思いから、コロナ

          Asial Bowling Day

          アシアルのTech勉強会 - エンジニアが学び続ける理由 -

          こんにちは。アシアル広報チームです。 今回はアシアルで毎月開催されているTech勉強会を主催してくれている江口から、勉強会の目的意識を持ちつつも、学びの和が広がるように工夫された運営は、どのような思いから実現しているのかご紹介させていただきます。 学びの大切さを身をもって痛感した出来事元々、私が新卒でお世話になった会社はエンジニアの教育に力を入れている会社で、技術力でお客様の信頼を勝ち取っていくという雰囲気の会社でした。150名ぐらいのエンジニアが所属していたのですが、部

          アシアルのTech勉強会 - エンジニアが学び続ける理由 -

          2024年、アシアルの活動

          こんにちは、アシアル広報チームです。 昨年はコロナ禍をキッカケとした新しい働き方への変革が定着し、アシアルメンバーも次の在り方に向けて具体的に動き始めた年になりました。2024年もさらなる挑戦と成長の機会を得るために、様々な取り組みを進めて行きたいと思います。その中のいくつかの取り組みを、今回は「2024年、アシアルの活動」としてご紹介したいと思います。 2023年はAIを利用、 2024年はAIを業務に活かす2022年末に公開されたChatGPTを始めとする大規模言語モ

          2024年、アシアルの活動

          わが社の社内コミュニケーションは「楽しく」「美味しく」

          こんにちは、バックオフィスチームのITOです。 アシアルに入社してから1年半、バックオフィスチームで大小さまざまな企画の準備や運営を行ってきました。今回は直近で行ったオンラインのソーシャルランチと、毎年社員全員に送っているクリスマスプレゼント準備についてご紹介いたします。 社員交流を育むソーシャルランチ1か月に2度、オンラインで開催しているソーシャルランチ。 今回は、ハロウィンが近いということで正解者にはお菓子のプレゼントがある「ハロウィンゲーム大会」をオンラインで開催しま

          わが社の社内コミュニケーションは「楽しく」「美味しく」

          1dayオフィスの開催レポート(2023年12月)

          こんにちは。アシアル広報チームです。 アシアルでは新型コロナウイルス感染拡大を機にフルリモート体制に移行して3年以上が経過しています。アフターコロナでは、多くの企業でオフィス回帰が実施されていますが、アシアルではグローバルな拠点間での仕事と働き方の自由を尊重するため、現在もフルリモート体制を続けています。 コミュニケーションが不足しないように、日々みんなで知恵を絞って様々な取り組みや制度を試しています。今回はそんな取り組みの一つ、「1dayオフィス」の開催レポートです。

          1dayオフィスの開催レポート(2023年12月)

          2023年の振り返りと来年の抱負

          こんにちは、アシアルの田中です。 今年も残すところ後わずかとなりましたが、皆様にとってどんな1年になりましたでしょうか? 私がいま活動拠点としているヨーロッパでは、12月を迎えるとクリスマスイベント一色となり、各地でクリスマスマーケットが催されます。ブダペストのクリスマスマーケットもヨーロッパの三本指に入る美しさと言われており、一年の中で最も街がきらびやかになり、街全体が多くの観光客を含めた人々で賑わいます。ヨーロッパに来てから3年がたちましたが、3年前のロックダウンでゴー

          2023年の振り返りと来年の抱負

          顧客と一緒に成長するアシアルと、その機会を創出する営業

          こんにちは。アシアル広報チームです。 今回はエンジニア・デザイナーとしての情報発信が多かったアシアルではあまり目立っていなかった営業についてお話します。主題としては、アシアルが目指す顧客との関係性とそれに対して営業がどのような役割を果たしているのかというご紹介になります。 アシアルの営業の特徴まずはアシアルの営業が実務として行なっていることを簡単に紹介します。 アシアルの営業は、顧客との接点作りから、会社・事業の紹介、要望のヒアリング、顧客の事業課題の抽出、システム提案か

          顧客と一緒に成長するアシアルと、その機会を創出する営業

          自社ビジネスを図解してみた

          こんにちは。アシアル広報チームです。 今回はアシアルが3ヵ月に1度開催している「1dayオフィス」で実施した図解総研さんのワークショップを中心にお伝えします。 図解するメリット図解総研さんのビジネスモデル図解のワークショップは、ビジネスモデルを考える際に活用できるものです。今回、アシアルが図解総研さんのワークショップを開催した目的は、図解というわかりやすい手法を通して、社員が自分たちの事業をビジネス視点で考えてみる機会をつくりたいと思い開催しました。 アシアルでは、日頃

          自社ビジネスを図解してみた

          ビアガーデン de メンバー交流

          こんにちは、バックオフィスチームの諸井です。 アシアルではコミュニケーションを深めるために月1~2回程度、飲み会を開催しています。今回は8月末でインターンプログラムが終了して、帰国する海外インターン生の送別会をブラッセルズ大手町で行いました。 東京の暑い夏にはビールお店は東京駅や丸の内から歩いてすぐの落ち着いた雰囲気の場所にありました。立地の良さもあり、集合時間前に東京駅周辺をランニングしてきたメンバーもいたようです。海外インターン生の東京生活もひとまず終わりを迎えるので、

          ビアガーデン de メンバー交流

          アプリの配信停止から見えたもの。Monaca開発チームの困難と対応策

          こんにちは。アシアル広報チームです。 iPhoneやiPadなどiOS向けアプリの公式ストアであるApp Store。このApp Storeはどんなアプリでも掲載できる訳ではなく、アプリの掲載可否はAppleによる所定の審査に通過する必要があります。 アプリの運用保守をされている方のなかには、新規公開や更新時にAppleからリジェクト(審査で落とされること)を受けた経験を持っている方も少なくないでしょう。今回、私たちが開発しているMonacaアプリも、アプリ更新のタイミン

          アプリの配信停止から見えたもの。Monaca開発チームの困難と対応策

          デザイン領域を超えるデザインチームの連携

          こんにちは。アシアル広報チームです。 今回はアシアルのデザインチームについて、紹介させていただきます。 デザインチームのメンバー構成エンジニア集団であるアシアルでは、大半の社員がエンジニアですが、その中で5名の少数精鋭なデザインチームが存在します。各メンバーがこれまでに多くの案件に携わり、経験豊富ですが、それぞれの得意範囲が異なります。 A氏:ベテランの職人肌のデザイナー。細部まで綿密に考え抜かれたデザインはお客様だけでなく、社員も感嘆します。また、UXデザインにおいても

          デザイン領域を超えるデザインチームの連携

          アシアル開発チームの振り返りと未来展望

          こんにちは。アシアル広報チームです。 2022年度も終わり、2023年度も早いもので3ヶ月が経過しました。2023年5月に正式に新型コロナウイルス感染症が5類へ移行され、多くの企業でアフターコロナの活動の実施に伴って様々な環境の変化が起こっています。 アシアルの開発チームも2023年度はアフターコロナの環境変化やChatGPTなどのAI技術の進化への適応など、日々みんなで知恵を絞って様々な取り組みを試しています。今回は開発チームとしての2022年度の総括と、2023年度に

          アシアル開発チームの振り返りと未来展望