エンジニアリングで世界をちょっとよくするノート byアシアル
エンジニアの1日――又川尚樹(エンジニア)の場合
見出し画像

エンジニアの1日――又川尚樹(エンジニア)の場合

プログラミングに全力で取り組み、趣味も楽しむ又川に、毎日の過ごし方を聞きました。

ーーQ1. 仕事を始めるのは何時頃ですか?

11時にスタートします。
アシアルではコアタイムが11:00~15:00なので、一番遅く入って夜まで仕事をすることが多いです。

ーーQ2. 会議はどういう風に行いますか? また、どんなことを話しますか?

Monacaの開発では、デイリーとウィークリーのミーティングがあります。

デイリーミーティングは、一緒に取り組んでいるハンガリーのメンバーとの時差も考えて、毎日17時に設定されています。
スタンディングミーティングのイメージで、5~10分、Zoomで話します。
スクラムで開発しているのでスクラムマスターからの確認があり、その場で、課題や問題点を率直に話して、その場で解決していくスタイルですね。
深く話す必要があるなと思う部分があれば、別の会議を再設定します。

ウィークリーでは、プランニングミーティングを金曜日の17時から1~2時間行います。
ここでは、何をやるか、いつまでにやるかを決めています。

ーーQ3. これまでに関わったプロジェクトを教えてください。

直近では、Monacaの裏側で動いている仕組みを改修しています。
ログ基盤・プロキシサーバ冗長化・DBサーバ冗長化・サーバ負荷分散などです。
そのほかにも、さまざまな機能追加や改修などに対応しています。

※詳しくはこちらのインタビュー記事をご覧ください。

ーーQ4. お昼休みはどのように過ごしていますか?

フルリモート勤務になる前は、11時に出社して、すぐ全力で開発を行い、力尽きたらソファで休憩、集中力が戻ったら開発に戻るというスタイルで、14時ぐらいにランチのイメージでした。集中力を保つために、オフィス内で場所を変えて作業していました。気分を変えて働けるので働きやすかったですね。

フルリモートでも、集中力が保てる間は全力で開発に取り組んでランチタイムにするというスタイルは変わっていないのですが、自宅は気分を変えられるだけの広さがないので、引っ越しをする予定です。

ーーQ5. 仕事を終えるのは何時頃ですか?

11時に始業しているので、20時に終業です。日によっては、休憩を長く取って、夜に勤務時間をずらすこともあります。

ーーQ6. 勉強(独学)などの時間はありますか?

何か作りたいものがあるとき、たとえば、AI技術を使って何か作りたい! と思った場合は、土日に勉強しながら進めます。作りたいものがある時の方が、心にゆとりができます。

ーーQ7. 休日はどのように過ごしていますか?

ピアノで編曲する、アシアルランニング部で走る、奥多摩でソロキャンプなど、いろいろです。休日は、何か行動して楽しみたいタイプです。

▼アシアルでは、いろいろな働き方のメンバーがいます。「働き方と環境」カテゴリーの記事もご覧になってみてください。

▼アシアルでは、一緒に働くメンバーを募集しています!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
励みになります!
エンジニアリングで世界をちょっとよくするノート byアシアル
お客様のビジネスに貢献するサービスやプロダクトを提供し、革新的なアイデアと確かな技術で価値を創造するアシアル株式会社のnoteです。デジタル化が急速に進む今、知っておきたい情報工学の最新情報をわかりやすくお届けします。アシアル公式サイト⇒ https://asial.co.jp/